雄安新区

深圳・上海浦東に続く、21世紀中国の「千年大計・国家大事」新都市スマートシティ構想。xiongan.jpでは関連情報を配信します

タグ:深圳達実智能

20171003達実智能、雄安新区に深センスピードを導入
深圳達実智能(DAS)は2017年9月25日、全額出資子会社として、雄安達実智慧を設立した。2017年7月5日に、河北省や雄安新区の関連幹部と、深圳達実智能の劉磅董事長、呂楓董事副総裁が会見した後、10日間の準備期間のみで、雄安新区の1600㎡の区域に本部を開設、2017年8月1日に正式オープンしたという、「深圳スピード」の体現者が、雄安新区でもそのスピード感を表現したことでも話題になった。

20170926スマート・省エネ建築の達実智能、雄安子会社
深圳達実智能(DAS)は2017年9月25日、全額出資子会社である雄安達実智慧の営業許可書を正式に取得したと発表した。国家電網公司(State Grid Corporation of China)の子会社である国網河北雄安供電公司、深圳建科院の子会社である深圳市建筑科学研究院股份有限公司雄安分公司などがすでに許可されていたが、これらに続く形で、雄安新区で営業許可書を取得した初めての企業群の一つになった。

このページのトップヘ