雄安新区

深圳・上海浦東に続く、21世紀中国の「千年大計・国家大事」新都市スマートシティ構想。xiongan.jpでは関連情報を配信します

タグ:上海市

20170818雄安新区、深セン・浦東の夢よ再び
「2017年夏季北京地区就職活動性の就業斡旋月間」活動が北京市で行われている。北京市人力社会保障局が主催するこの大型人材招へい活動は、北京市そのものの人材ニーズを解決するばかりでなく、天津-河北省も含めて、人材と企事業単位の懸け橋となるもので、特に今回は、優秀な人材を雄安新区の建設に向かわせるという重要な目的がある、という。これに対して、北京の有力紙である「北京日報」は、「雄安には優秀な人材を集める必要がある」という社説を掲載している。

20170809雄安建投が設立、上海浦東から展望
中国雄安建設投資集団有限公司(雄安建投)が先日、資本金100億元(約1650億円)で設立した。雄安新区の建設が全面的に展開される、その狼煙になるという。雄安新区管理委員会のWeChat公式アカウント「雄安発布」によれば、雄安建投は河北省政府の100%子会社で、雄安新区のインフラ、公共サービス、生態系と環境保護建設を統一的に進めていくことになるという。

20170401雄安新区が正式設立
中国共産党中央と国務院は、河北雄安新区の設立を決定した。

新華社通信によれば、これは、習近平同志を中核とする党中央が提出した重大な歴史的戦略的選択であり、深圳経済特区と上海浦東新区に続く、全国的意義を備えた新区であって、千年の大計、国家の大事であるという。

このページのトップヘ