2021年04月 雄安新区の主な動き
・人民日報海外版の1面で「この5年、未来都市に新たな風貌が展開」
・シノペックが雄安新区に水素エネルギーを中心とする子会社を設立
・設立5年、デジタル・スマート雄安新区の片鱗がすでに見え始める
・建設物検収、従来2日間かかるところ4時間で完結、雄安デジタル化
・雄安新区の創始エリア、今後3年で新たに14万軒の住宅供給の計画
・雄安新区の行政手続き、デジタル身分証を活用、デジタル化を加速
・雄安新区のスタートアップエリア「創始エリア」、2022年整備目標
・雄安新区「千年秀林」、引き続き順調に進む、近々で300万㎡植樹
・クリーン移動、雄安で無料の電動自転車ナンバープレート発給開始
・雄安新区の5Gインフラはいかに? 17年ボロボロ状態からの現在は