2019年05月 雄安新区の主な動き
・中央企業子会社が北京-雄安高速鉄道の工事で環境に関する違法行為
・中国工商銀行、雄安新区にフィンテック子会社「工銀科技」を開業
・雄安新区で土地徴用開始、1世帯補償約1450万円強、実質4倍増収
・チャイナユニコム、雄安新区で5G宣言、量子暗号や北斗との連携も
・雄安、法廷は裁判官のみ、中国初の5G裁判で検察と被告は遠隔出席
・国家電網などが雄安新区にスマート交通路車協調プロジェクト開始
・雄安新区、「北斗」を全面採用、世界最先端スマートシティ目指す
・「雄安大学設立に動き」、雄安新区の大学設立に関する推移まとめ
・雄安新区に証券取引所新設の研究と準備が進展、金融整備の方向性
・国家電網、雄安進出2年、初のメーカースペースやモビリティ注力